不快な結婚報告年賀状たち

母の知り合いから来た結婚報告年賀状を反面教師に出来そうです(笑)

母の知り合いからの結婚報告の年賀状を見た私の感想です。
一つ目のカップルの年賀状は、ハートの建造物がある前のところで、二人でハートを作り、加工で回りにハートをちりばめまくるというものです。いい歳になのにというのが率直の感想で、加工までしなくていいんじゃないか、そこまでラブラブ感を押したいのか、何のためにこの人たちは送ってきたのだろうと思いました。度が行き過ぎると腹立たしいをこして引きました。

二つ目のカップルの年賀状は、透き通ったきれいな海と白い木と金色の鐘でつくられた建造物の前に立っている写真でした。それだけだったらきれいなところだね~いいね~だけで終わったのですが、一言書いてあるところに「念願の海外ウエディング」と書いてあるところに怒りを覚えました。なぜわざわざ書いたと思います。海外という言葉を出してこなければ、日本なのかな~それとも海外なのかな~で終わりますが、わざわざ海外と書かれたらただのお金持ちの旦那を持った私はすごいでしょ、という自慢にしか聞こえません。

結婚報告の年賀状は、シンプルイズベストだと私は思います。とにかく余計なつけたしをしないでください!!特に、バツがついている人に送るときはタイミングを注意してほしいです。